禁煙外来について
禁煙したいけれどなかなかやめられない方私たちが応援します。
喫煙による健康被害
たばこにはタールや一酸化炭素など多数の有害物質が含まれており私達の健康を蝕みます。
肺がんや咽頭がん、食道がんなど様々な臓器の発癌の原因となり、呼吸機能の低下をもたらします。また心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めることも知られています。禁煙は喫煙による健康被害を防止する最も有効な手段です。
禁煙がむずかしいのはなぜ
禁煙を始めるときたばこが吸いたくてたまらない、イライラするなどの症状が現れますがニコチン依存症にかかっているからです。一方で喫煙には習慣性や心理的な依存もあります。禁煙の動機づけをしっかりとして健康意識を強く持ち日常生活全般を見直していくことが必要です。
診療内容
禁煙外来では約3ヶ月の間に5回受診(予約制)していただきます。ニコチン代替療法としてニコチンパッチを使用し、低濃度ではあるが喫煙要求が強く起こらない程度にニコチンを保ち、2ヶ月かけて段階的に体内のニコチンの濃度を下げていきます。これにより禁煙のつらさをかなりの程度軽減することができます。現在のところ60%以上の方が卒煙に成功されています。