働き続けられる職場環境作りを目指し、院内保育所や
休暇取得の奨励などに力を入れてます。
私たちと一緒に、看護・介護の喜びを共感して頂ける
看護職員・介護職員の皆様を心よりお待ちしています。
看護部長・認定看護管理者:須川裕子
認定看護管理者とは>>
深刻化する少子超高齢化が抱える問題を緩和するために「地域包括ケアシステム」の推進が求められています。
認知症を抱える高齢者、独居高齢者の増加、老老介護など、在宅での生活が難しくなるケースが増えています。このような状況でも、高齢者が住み慣れた地域で自分らしく暮らしていけるように、地域に密着して支援していくことが、当院の役割であると考えています。
また、健康寿命の延伸を目標に、地域住民の健康を支えることも私たちの大きな課題としています。西京病院の看護部では日本看護協会が開発した「クリニカルラダー」を活用し、どんな働き方をする看護職であっても、仕事に対してのやりがいや充実感を持ちながらキャリアアップが望める、キャリア支援システムを構築しています。そして、“根拠ある看護実践が行える真に自律した看護師”を育成し、地域医療へのさらなる貢献を目指したいと考えています。
看護部副部長・認定看護管理者:新井妙子
新人の看護師が着実にステップアップしていけるように、看護部では1年目から継続的な人材育成を行なっています。1年目は看護についての疑問を、文献を通して解決していきます。グループごとにテーマを決め、文献検索をして問題解決に挑み、その成果をレポートにまとめて発表します。2年目は過去1年間の自らの看護を科学的な見地から振り返り、反省点や今後の課題を明らかにしていきます。3年目以降は病棟ごとにチームを組み、業務改善を中心とした研究に取り組みます。日々の看護のなかで疑問に感じていることなどからテーマを一つに絞り、その解決策や改善点をチーム全体で探っていきます。
教育課長:藤原由紀子